クレー射撃を始めよう!

クレー射撃について全く知識がない方からよくある質問を、Q&A方式で
御説明します


Question
1.クレー射撃とは何ですか?
2.銃を所持するためにはどうすれば良いですか?
3.銃の所持許可を得るにはどれくらいの費用がかかりますか?
4.銃はいくらぐらいで購入出来ますか?
5.クレー射撃をするために必要なものは何ですか?
6.射撃場はどこにありますか?
7.女性でも出来ますか?
8.銃は何歳から持てますか?


Q1.クレー射撃とは何ですか?
A1.クレー射撃とは、機械(放出機と言います)で、空中に60m〜80m
   飛ばされた直径約11cmの皿状の標的(クレー)を散弾銃で撃ち落す
   ことにより得点を競う競技のことです。
   このクレー射撃にはトラップ、スキート、ダブルトラップという3つの競技
   があり、これらはオリンピックや国民体育大会等でも正式種目として行
   われております。

Q2.銃(空気銃を除く)を所持するためにはどうすれば良いですか?
A2.銃を所持するには、銃砲所持許可証が必要です。この銃砲所持許可
   証をを取得するには、2つのテストを受け、合格しなければいけません。
   その2つとは以下の通りです。

   @猟銃等講習会(初心者講習会)での小テスト
       都道府県が開催する講習会で、ここで法令や銃の保管や取扱
       について勉強し、最後に小テストがあります。これに合格すると
       「講習終了証明書」が交付されます。これで、第1段階終了です。
       石川県の場合、石川県警察本部で偶数月に1日行われています。
                                  (詳しくはこちらを!)
       →空気銃の許可を取得する場合は、このテストで合格すると、
         射撃教習を受けずに銃の申請に入ります


   A射撃教習での実技テスト
       教習が行われる射撃場で、教習射撃指導員のもとに、猟銃の
       操作、射撃技術の指導を受け、最後に実射テストが行われます。
       25発のうち2〜3発クレーに当たれば合格です。テストの前に50
       発練習しますからテストではほとんど合格出来ます。合格すると
       「教習終了証明書」が交付されます。
       石川県の場合は、加賀散弾銃射撃場で毎月行われています。
                                  (詳しくはこちらを!)

   この2つのテストに合格すると、はじめて所持許可の申請、そして取得と
   なります。

   (注意)
   上記の講習会・射撃教習を受けるには、それぞれ申込書やその他添付
   書類、写真等を各自準備し、それらを住所管轄の警察へ申し込んで頂く
   ことになります。
   これから、射撃をやってみようと思われた方は、これらについてさらに詳
   しくご説明致しますので、一度お気軽にご来店下さい。

   
Q3.銃の所持許可を得るにはどれくらいの費用がかかりますか?
A3.まず、猟銃等講習会を受講するには、現在手数料として6,800円(県証
   紙)かかります。そして、射撃教習を受講するには
     @教習射撃を受講する為の申請料・・・8,900円(県証紙)
     A教習で使用する装弾(弾のこと)を購入する為に必要な
       許可証申請代・・・2,400円(県証紙)
     B教習受講料(装弾代、クレー代、射撃場使用料、教習銃使用料)
                                     ・・・35,000円

   以上、すべてで50,000円強かかります。

Q4.銃はいくらぐらいで購入出来ますか?
A4.価格はピンキリです。
   新品の銃では200,000円代からあります。中古だと安いものでは
   100,000円以下のものもあります。

Q5.クレー射撃をするために必要なものは何ですか?
A5.必要なものは以下の通りです
     @ガンロッカー(各自、自分の銃を保管します)
     A装弾ロッカー(各自、自分の装弾を保管します)
     Bベスト(チョッキ。ポケットに装弾を入れます)
     Cイヤープロテクター、もしくは耳栓(弾を撃った時の音から耳を保護
       します)
     Dサングラス(目を保護すると同時に、太陽の眩しさを防いだり、クレー
       を見やすくしたりします)
     E銃の掃除用具(オイル、洗矢、グリス等。銃を常にきれいにしておき
       ます)
    その他、必ずしも必要ではないが、あれば便利なもの
     @帽子(キャップ。太陽の眩しさを防ぎます)
     A手袋(寒い時、重宝します)
     B装弾ケース(射撃場に行く時に、その日使用するだけの装弾を入れて
       いきます)などなど・・・。

Q6.射撃場はどこにありますか?
A6.石川県の場合、下記の加賀市にあります。
   福井県は勝山市、富山県は福光町にあります。しかし残念ながら鉛問題で
   現在加賀散弾銃射撃場のみ営業しております。

    ・加賀散弾銃射撃場
    
Q7.女性でも出来ますか?
A7.はい。もちろん出来ます。
   今や、クレー射撃は男性だけのものではありません。現にアトランタオリンピッ
   ク以降、シドニー、アテネ、北京と日本人の女性シューターが出場し、そして入賞
   しています。その影響で最近女性シューターが増加中です!最初は銃の重さや、
   衝撃に耐える力が充分でなくとも、すぐにそれらにも慣れてきます。
   ぜひ一人でも多くの女性の方にも、クレー射撃の爽快感を体験して頂きたい
   ものです。

Q8.銃は何歳から持てますか?
A8.狩猟目的の場合は、空気銃・その他の銃共に20歳から持てます。
   射撃目的の場合は、空気銃は18歳から、ただし日本体育協会推薦(高校の
   部活動など)の場合は14歳から持てます。その他の銃は20歳から、ただし
   空気銃同様に日本体育協会推薦の場合は18歳から持てます。

トップへ戻る